「じぶん開花サポートScye(サイ)」のHPへようこそ!

 

『あなた自身を地球上の魂と考えて、 あなたの使命とどのような方法で、 ひとりの人間が世界をより佳くできると思いますか?』

この問いかけに・・・

わたしは

「解名」 

「名前の音霊(本質)」×「名前の文字(音霊のカタチ)」

=「じぶん開花」

という方法で応えます。
 

つまり、名解きです。

何よりそれは、あなた自身の成長や豊かさを手に入れるのもさることながら、人類全体の進化に貢献することにもなるのですから、、、。

名前に託された「霊性(真実のじぶんの姿)」を、

「名前の音」(音の持つ波動=力)×「名前の音霊」(音の持つ力=意味合い)とを接続し、

さらにそれを「文字」というカタチ(=方向性)に落とし込めば、

そこに「本質」を顕現させる力が孕まれ、あなたの真実(霊性)そのものを産み出すこととなると捉えています。

つまりそれがこの世界への能動的な関わりの始まりとなるということなのです。

それは、祈り(生宣り)にも似た、

美しい能動的存在としてのあなたへの変貌の糸口となることでしょう。

*「言霊(ことだま)」「音霊(おとたま)」に関しては、基本的に「言霊学」(言霊学会)および「カタカムナ 」(楢崎皐月氏『カタカムナ のウタヒ』)、「言霊鏡」(光輝書法会)を参考にして、解名師みずのしづえ独自の認識に立脚しております。

「意識が変われば世界は変わる」

                     黄金律 

    21世紀は「いのちの時代」 

と言われる今だからこそ、

「いのち」や「生きる」、あるいは「意識」という言葉をキーワードにして、

一度きちんと「じぶん自身」を捉え直す必要があると思うのです。

社会に適応している「じぶん」が真実の「じぶん」なのかどうか、、、。

この世界への認識が社会から刷り込まれていることだとしたら、

もしかして、真実のじぶん自身を見失っているかもしれないのですから。

今、

何が求められているかというと、

じぶんを出発点とした内発的(内側から沸き立つような)な行動や、価値を生み出す(能動的に生きる=自らが創造主となる)こと。

つまり、今までとは反転した行動様式を生み出すことです。

本来的な在りようの真実の姿を捉え直して(受動的な行動をするじぶん)、世界をもう一度見つめ直してじぶんを起点にしてみるということ。

どの立ち位置(視座・認識)でこの世を見るかによって、

あるいは、

この世をどの位置から見ることが真実となるのかが重要です。

そして、その結果物事を全く異なった風景として見ることができるようになるじぶんに成長することを目指しましょう。

意識が変われば、世界そのものも変化していきます。あなたの「見方」があなたの目の前の現実に投影されているからです。じぶんが世界を生み出していることに気づきましょう。

そのためにも、

意識そのものの位置を再認識する必要があります。

そう、

要するに「意識の転換」です。

ややもすれば外部の世界に向けて遠く夢見がちな自分自身を律して、

目の前に繰り広げられる事象をありのままにしっかり見ていくこと、

それはややもすれば外側へ向きがちな意識をくるりと転換してそれを内面に向けることです。

つまり、内的認識へと転換を図るということ。

まずはそれからです。

もう少し易しくいうならば、

深く深く自分自身そのものを見つめ直して、それをどう捉えて行くのかということ。

第一「(命)いのち」は、読み方によれば

「みこと」です。

中国語では、同じ音であることは同じ意味を持っているそうです。

その「音」に意味を委ねそのご利益に預かろうというもののようです。

「みこと」の「み」は、持続することであり、

満ちることでもあります。

何より「実る」ことですし、まだ現れていないもの「未」でもあるということのようです。

「まだまだやれる!」そんな人生を歩むに当たって、

受け取るだけの人生(受動的)から、生み出す人生(能動的)つまり創造的な人生を手に入れましょう。

先人達は次のように言います。

『されば、今日をよく生きよ!』

今日この日を見よ、
それこそが人生、人生の最良のもの

その束の間にあらゆる現実と真実がある
成長の喜び、
行動の輝き、
力の栄光。
昨日は記憶にすぎず、
明日は空想にすぎぬ。
だが今日をよく生きれば全ての昨日は幸福な記憶となり、
すべての明日は希望の後継となる。
されば、今日この日をよく生きよ。

「サンスクリットの讃歌」

********

かの分析心理学者である

C・G・ユングの言葉を借りるならーー

『・・・もしこの世の中をより良い場所にしたいなら、    まず、我が家から、自分自身の心の庭から始めなければならない・・・』

と言う事が重要なポイントとなるのかもしれません。

視線を、はるか未来や他の次元などのあらぬ方向に注ぐのではなく、

ともかく足元です。

あなたにとって、

もしかしたらこのやり方は、遠回りに見えるかもしれません。

それでもわたしはあなたにお伝えしたい。

何れにしても、

まずは、

目の前に繰り広げられる現実をしっかり見ることができるじぶん自身になりましょう!(あるがままに見えるコトを見たままに)

その先にこそ、あなたが手にしたい豊かさに溢れ満たされた世界が、、、

自然とつながる世界が、、、

さらに、

大きく手を広げる宇宙そのものへも導かれて行くことでしょう。

*Scye(サイ)は一切の宗教、政治、思想団体とは関係なく、また医療機関ではありません。医療機関に受診中の方のご相談はお受けすることができません。