エナジー・カリグラフィーのこと

不思議な現象

「エナジー・カリグラフィー」というのは、わたしの造語です。

京都時代に出会った「篆書」。

それを揮毫することは、家元の言葉をお借りすれば、『天と地をつなぐ』という行為になるというのです。

前にも書きました通り、

そもそも「文字」は神との関係から生まれた呪具でしたから、まさに「天と地をつなぐ呪具」としてそれを用いることが重要となります。

「氣」をそこに集め、それを刻む(これは「篆刻」となります)行為は、かつて人類が洞窟壁面磐座、石板などに残しており、

人類がそれを大切なこととして刻みつけ、それらを用いて祈りそして何らかの儀礼を行使していたことは推測できます。

シュメール文字
国東半島に残る日本最大のペテログラフ
高千穂町の天岩戸神社から発見されたペテログラフ

 

しかも同じようなことが世界中に共通して散見されているということは、それが単なる気休めや気まぐれのものとも思えないほどの、価値ある文化的・宗教的行為であるとも言えます。

その、「文字」を揮毫するという行動が、

このような文化的、宗教的、文化人類学的、あるいは呪術的な側面もある、、、などの知見につながっていきました・・・。

実は・・・わたしが書く文字からは、

「とても強いエネルギーが出ていると言ってくださる方々がおられるのです。

正確に言うと、わたしの文字と接したことのあるライトワーカー、ボディセラピストの皆様から、

書かれた文字そのものから「エネルギー」が出ておりそれを強く感じると言われ始め、その皆様のお仕事である施術の時やクライアントの方へのお守りなどとしてお使いいただくようになったのです。

そして同じようなことをおっしゃる方々が次々とわたしの周辺に現れ、同じ言葉がわたしに伝えられるようになったのでした。

残念ながらわたしには全くわかりませんが、

あまりにも何人もの方々から

同じことを言われてきていますので、わたしとしても気になるところです。

また他にも、

わたしの書をご依頼された方が、それをサプライズでご家族にプレゼントされた時のことでした。

しばらくの間『揮毫した文字を入れた額を膝に置いたまま座っていたら、それまで痛かった腰痛が治ってしまった』と、お父様の体調の変化の喜びをお伝えくださいました。

そのような事例には科学的根拠はありませんが、

そんな風に喜んでいただけることがとても多いので、天からいただいた恵みとして理解し、「エナジー・カリグラフィー」と命名しております。

わたしが言えることは、

揮毫させていただく時には、

「無心といのりのうちに作法させていただいている」ことは確かでございます。

エナジー・カリグラフィーは、こんな方にオススメ!

*じぶんにもっと自信を持ちたい

*事業の成功を後押ししてくれるアイテムが欲しい

*意識を変えて前向きに取り組みたい

*名前からじぶんの使命を知りたい

*折々の指針として、文字を活用したい(エナジー・カリグラフィーでは、TENSYOというカタチのアイテムをご用意しています)

*お守りとして身近に置いておきたい

エナジー・カリグラフィー/TENSYOの
お申し込みはこちら!

    ご利用日時