YouTube(「体験の語りを紡ぐ」)

ただいま工事中!!

予告編はこちらから・・・

YouTubeは、ただいまガンバって作成中!

今は、「Sequentia(続唱)体験の語りを紡ぐ」への思いをお伝えします。

わたしの今までの体験をそのまま再現することは難しいです(だって、体験って一回限りのその瞬間のものですから)

でも、その体験を「語る」ということならできます。

京都には7年と少しの間住んでいたのですが、その時、日本初のコミュニティーFM局・京都三条ラジオカフェで「tenreikaのなんくるないさぁ!」という番組のパーソナリティとして、同じように「声のエッセー」を発信していました。

わたしはこれまでいくつもの体験を重ねながら、今のポイントに辿り着いています。

それを導いてくれたのは、

実は・・・

他ならぬ「夢」(いわゆる無意識が示す世界)と「星座」でした。

「夢」というのは、大望と云う方の「夢」ではなくって、

それこそ「夜、見る夢」に現れた一歩先の自分を見ながらこの年齢まで歩んできています。

実は、、、

占いに頼らなくても、自分自身の中に、ちゃーんとリーディングソースやForce(導いてくれる素材や力)はあるのです。

今までのじぶん(過去)から解放されて、新しいじぶん真実のじぶんを再発見してください。

じぶんの力を信じて行きましょう!

だって、そもそもわたし達は「創造的な人間」として、この世に生を受けている訳なのですから。

あなたがあなた自身をよく理解し、あなた自身に対しても他の人に対しても、今より批判的でない、今とは違う場所にこの取り組みがあなたを導いてくれることでしょう。

繰り返しお伝えしますが、

あなたを導いてくれるのは、占い師でもなく呪術でもない、名前は何であれ最高の高次元のForce(力)つまりあなたの中にある真実の(忘れていた片方の)じぶんとの邂逅を望む力です。

このサイトのトップページでも触れていますが、

わたし達は、生まれてきた時から全てのものを与えられています。その意味でスタートは受動的な存在として在ります。

その意味からすれば、

真実のじぶんを生きるとは「能動的」な存在として、この世界にどう働きかける(つまりSequentia「続唱」です)ことができるか、これが重要なのです。

それに何より、わたし達は生涯自分自身を自分の目で見ることはできません。

えっ?鏡があるだろうって言いたいですか?

そうです、確かに鏡があるから見ることは可能といえば可能です。でも、それは真実の自分自身ではありませんよね。

左右が反転していますから・・・。

それはとりもなおさず、他者の眼差し(他者から見える「わたし」でしかありません。)そのものなのです。

なので、真実のじぶんと出会うためには、この他者の眼差しを手に取り戻す必要がある訳です。

ところで、ドゴン族には宇宙規模の壮大な神話があるのをご存知でしょうか?

そこで語られているのは、まさに双胎の精霊です。

その神話が語っているのは、もう一つの(片方のそして真実の)じぶんとの統合をいかにして行うのかということです。

受動的な存在だったじぶんから能動的なじぶんへと反転(転換)し、この世界の見方を変えることこそが、21世紀を生きるわたし達に求められている大きなテーマといえます。