「ほんとうの名前」

誰もがこの世に生まれて、最初にもらう、一番大きなプレゼント それは・・・「名前」

***

少し遠回りな話になるのですが・・・

ある作家が、次のように「命」のことをお話しされています

「自分の命は、自分の持ち物ではない」つまり天からの借り物なのだ・・・と、

借り物ですから、その借り賃をお払いしなければなりませんが、

天は、お金では受け取ってはくれないのだそうです

沖縄ではこんな風に命名札が家の中に・・・

では、

何で受け取ってくるのでしょうか?

それは、その人が自分の体を使って何かをすること、

つまり、行動でしか支払うことができないのだというのです

では、どんなことが行動となるのでしょう?

実は・・・誰かを幸せにすること

穏やかに暮らすこと、それも幸せのかたちの一つの姿

なのだそうです

誰かを、、、と言っても一体誰をなのでしょうか?

どうやら全ての人をでもなさそうです

一番身近な好きな人でもいいし、

それがたったひとりだったとしても、幸せにすることができればそれでいいのだそうです

誰かの幸せのために命を使うこと

そう、

それが「使命」なのだ

というのです            (中谷彰宏さんの講演から)

***

行動のヒント

「名前」には、

行動へのヒントが隠されています

「使命」はあなたの「名前(氏名)」に隠されている!

天から託されたあなたの本質、

そうです、

「ほんとうの名前」がそこに隠されているのです

まるで『千と千尋』の千のように・・・!

「千と千尋」スタジオ・ジブリ

取るべき行動とは?

わたしも、自分の名前から、自分がとるべき「行動」がわかりました!

わたしは自分の名前が大嫌いでした

ただ・・・、一生付いて回るのが、この、名前です

ですからなんとか好きになりたかったので、わたしは自分の名前の探求の旅に出ざるをえませんでした

と言っても・・・

どこかへ旅行に行くとか、そんなことではありません

そもそも、なぜ自分の名前が嫌いだったのかというと、

まず、全部ひらがなでしたから古色蒼然としていましたし、

第一、その名前のことで小さい頃はからかわれたり皮肉られていたからです

名前でからかわれていた小さい頃・・・

つまり、名前の音からイメージされる、大人しげな静かな女の子ではなくて、わたしはむしろ逆で、とっても屈託なく快活なタイプでしたから、

他者が勝手に抱いている、名前の「音」からくるイメージと、自己イメージのそのギャップに、大いに戸惑っていたというのがほんとうのところでしょうか?

それに加え、なんと、わたしの名前は両親が自分たちでつけたのではなく、

わたしの「産土神社」からいただいてきたというではありませんか(ひと昔前まではそんなことも多かったようなのですけれど・・・)

産土神社である熊谷市にある「高城神社」のご神木

正直なところ、

わたしのことを両親は大切に思っていなかったのではないか、という気持ちも手伝っていました

となると・・・

一生涯付いて回るこの自分の名前に、一体どんな意味が込められているのかを、自分なりに納得するしかありません

転機に偶然あったこと

実はある時、産土神社であるこの高城神社を訪れて、宮司さんにお会いしに出かけたこともありました

当然といえば当然な話なのですが、時も随分と経っていましたから、当時の宮司さんは既になく、

また今の宮司さんも、「名前の由来までは、、、」と、お答えいただくことはできませんでした

そんなある時でした

まだパソコンというものがなかった時代でしたが、仕事の記録をワープロ入力していた時のことです

文末に文責者である自分の名前を入力し漢字変換した時に、最初に出てきた文字は・・・

なんと!

「死杖」という文字だったのです

それにしても、ショッキングな文字です

でも、この瞬間・・・

「ピンポーン💡」と、脳みそが素早く反応したのを、今でも覚えています

「これだ〜!」

わたしは、瞬時に自分の名前の持つ意味が「ストン!」と腑に落ちたのです

この瞬間から、わたしは自分に与えられた名前をとても誇りに思えるようになっていたのでした(人間って、なるほど!と腑に落ちさえすれば理解は早いものです)

そう、これを自分の人生で取り組めばいいんだ・・・

そう素直に思えたのです

それに思い起こせば、この名前は産土神社からいただいた名前

となると、つまりこれは「天が与えてくれた名前」であるということになります(なんでこんなシンプルな事に気づかなかったのかしら!!)

名前(氏名)⇨ 天与(=天命)=使命ではないか!

まさに、じぶんお名前が好きになった瞬間でした