音の持つ力

離島にきてから、めっきりと人とのやりとりが減ってきた

従って、喋る相手は亭主であったりのら猫であったり、

いきおい庭に繁茂する植物たちとなる

はては、子育て中のイソヒヨドリともなれば、朝の鳴き声が気になってくる

しかし、

この世はまさに音にまみれていて、不思議なほどに孤独感などないのだ

誰と喋らなくても何の不自由もなく

また、何の不便もない

ただ、あまりにも声を出さないと、要するに声が出なくなる

沈黙という美しさもあるが、そんな高貴な存在でもないわたしなど、

沈黙していることに大いなる価値を見出すこともできず、

ただただ、声が出なくなるのを憂いるばかり

何とも下賤な話だ

神社仏閣に鎮座される御像などは

一体どんな心持ちで、沈黙をされておられるのだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です