祝!「令和」・こと始めの日

「令和」という時代がスタートしました。

令和ということばの意味合いが持つところは別として、

聞きなれない「音」であればこそその「音」の持つ意味を知りたくもなります。

「ら行」で始まる言葉であるということがポイントですが、

そもそも、古来の日本語(やまとことば)には「ら行」で始まる言葉はないのだという                       (ことだま教師・山下弘司氏)

では、なぜ少ないながらもその「音」で始まる単語があるのかというと、

それは、外来語なのだということですよ。

「ら行音」の持つ使命は「国際人」そして「変革」。

まさに、新しい皇室のあり方、あるいは日本のあり方が変革する時代が訪れて(音連れて)いるのではないでしょうか?

                       (参考文献:命名言霊学協会資料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です