ゴーヤー大集合!

なぜかこのところ

ゴーヤーさんが大集合です。

庭のゴーヤーはやっと4つなったのだけれど

これでもう終わりらしい。

で、この間唐突に一つゴーヤーが到来し、

そして、

今日は

なんと!ゴーヤーが10個も届けられた。

これをどう読むか、、、

う〜ん、謎だ!

ただ単に季節になったということもありそうだけれど

そうなの?

久しぶりの映画鑑賞

友人からも、娘からも笑える映画と聞いたので、

今、パニパニシネマで上映されている「飛んで埼玉」を見に、

夫と共に見に出かけた

大ヒット中の映画ということで、かなりの期待をしていたのだが・・・

正直な感想は・・・、

この映画に出演した役者は、よくこの役を引き受けたなぁ、、、というものだ

どうやら漫画を実写化したもののようなので、随分と要約されていると見える

そして、宝塚少女歌劇まがいの配役の想定と、GAKTOの濃いキャラが極端すぎて、そして、埼玉が描かれる時の設定が、ど田舎というかボロすぎるのがいただけないのだ(ここまでおちょくられる筋合いはない!)

この映画のストーリーは、埼玉に住む家族が、娘の結納の日に街(熊谷?)まで出かけるまでの、車内で聞いているラジオドラマを介してオムニバス風に描いているのだが・・・、

舞台となる私立学校のことや、

車で走っている道を上空から見ている風景に映る、周りの広大な田園風景

その田んぼがあまりにも広く、

埼玉の話だというけれど、

いったいどこに行ったらこんな風景が見られるの?と、元県人も笑ってしまう風

結論としては、わざわざ出かけて見にいくほどのこともなかった、残念な映画だった

確かに、娯楽といえば娯楽映画なのだけれど、

どうしてこれが「大ヒット!」なのか、わたしにはとても理解できない

今日の観客は・・・

九人

じゃん、じゃん♪

神さま到来!

今日は朝から訪問者が・・・。

時々道ですれ違う、少しだけお年を重ねた、恐らく何らかの障害のある女性だ。
言葉もおぼつかないが、こういうのだ。

「もらった」
「あげる」

彼女の手にあったのは、ふっくりと膨らんだ、
ゴーヤーだ。

わたしは昨日のイメージの続きで、

神さま来訪と直感した。

「ありがとうね〜、もらいましょうね〜」

こんなやりとりが、
何だか嬉しい島なのだ!

早速、ヒヌカンにあげたのは言うまでもない。

鳥の声で目覚める朝です!

梅雨の終わりに近づいてきています。

沖縄は、6月23日の慰霊の日辺りに、毎年梅雨明けとなります。

このところ、ピーピーとなく声が・・・

そうなんです、サシバの鳴き声なんです。

さらに南に下がらず、この島で過ごす鳥もいて、

まだ木々が多いこの島で、

鳴き声を聞かせてくれます。

その他にも、メジロの可愛らしい声や、時にはホトトギスの「トッキョキョカキョク」の声も!

島ならではの朝です。

明日から那覇です

定期的に那覇行きしています

そして今回は、

久しぶりのお友達との再会

加えて

新しい取り組みの打ち合わせです

どんな展開になるか、

とっても楽しみです!