11月23日は・・・

日本のカレンダーでは、勤労感謝の日。

ちょうど西洋でも、ハロウインの季節でもありますね。

ところで、勤労感謝の起こりは、旧暦11月の第2卯の日(新暦12月中旬ごろ)に行われていた「新嘗祭」とか。

https://www.youtube.com/watch?v=nfS6AdVFda4

「新嘗祭」は、新穀を神様に捧げ、その年の収穫に感謝する儀式で、昔は、穀物を献納し、神様に新米を供えて初めて、人も新米を食べることができたのです。

今でも、お酒を飲む時にまず1滴お酒を土地にたらしてから召し上がるという風習があるところもあると聞きます。


「新嘗祭」は皇室では、宮中祭祀の中の最も重要なものとされているとのこと。

天皇陛下が、神嘉殿(しんかでん)において新穀を皇祖はじめ神々に供え、神恩を感謝された後、陛下自らも召し上がる儀式が執り行われています。

まあ、国民を代表する形でそうした儀礼を継続してきているのでしょう。


こうして、一年中の全体の節目を見ながら、様々な文化行事が行われていくのも、日本には季節に対する意識がかなり強いからと言えそうです。

四節期と言われる節目節目を古くから意識してきた日本人。

ややもすればわたし達はそうしたことを忘れがちですが、この宇宙や自然と共にあることを思えば、やはり自然の移ろいを節目の行事として「見える化」してきたのも、

日本人の美意識とは言えないでしょうか?

麻と絹のこと

11月14~15日に開催される「大嘗祭」。天皇陛下による初めての 新嘗祭であり、 阿波(徳島)の麻織物「麁服(あらたえ)」と三河(愛知)の絹織物「繪服」が神座に祭られ、 織物は神がひょう依する「より代」となり、 五穀豊穣を祈ります。

大麻(おおあさ)と言うと、

何かとよろしくないイメージがつきまとう今日この頃ですが、、、

麻の貢献度は大変高いのです・・・

第一、今回行われる「大嘗祭」では、この大麻の織物と絹織物が神座に祀られて「よりしろ」となるのですから・・・

それに、、、

大麻は太古の昔から、私たちの暮らしに一番近い存在だったのです、、、。(麻福さんのサイトから引用させていただきました)

人の歴史とともにあった

この大麻のことを

こちらではこう書いておられますので、ご参考までに、、、

http://www.chie-project.jp/memories/story11.html

予知夢

夢をよく見ます。

すっごく前にも、この絵のような感じの夢を見ました。

まるで、出エジプト記のようでした。

わたしは何時も夢を無意識からのメッセージとしてありがたく受け取っていますが、その内容は多様です。

その中でも、いわゆる予知夢というのというのがあるのですが、

一昨日の夢もそんな内容でした。

そんな時は、その夢のメッセージに従ってアクションしてみます。

ピンポーン、の時もありますが、ブッブーの時もあります。

それでもいいんです。

要するに、自分の無意識にアクセスしてそれを具体的に動いた時の結果を

また観察するのです。

そうすると、次が見えてくるものです。

いろんなことがプロセスしている

昨日の首里城消失

大学入試の英語試験次春実施の延期

オリンピックマラソンが東京開催が札幌へと変更

天皇の代替わりなどなど、、、

いろいろなことが

なんだか急にプロセスし始めた

何かがシフトして行っている

これをなんとする・・・?