ふたつでひとつの空間

お迎えするふたつでひとつの空間 『有無』 と 『Scye(サイ)』

『有無』は、

わたしとあなたの中にある創造性(「Art in YOU」)にアクセスするための学びの場です。

「有無」は

『何も無い(と思われる)ところに全てが有る』

なんだか形而上学のような、禅の公案のような言葉に聞こえますが、、、

この空間は、あなたの中の創造性に働きかけようとする「装置」。

あなたがあなたらしく、

その全体性を豊かに生きることのお手伝いをするのがこの「装置」としての空間。

そしてまた、物理学の分野で言えば、

『有無』つまりあってないもの、、、

そして、すべてのモノがギュギュッと凝縮しているところ、、、

それは実は「点」のことを示しています。

古代ギリシアの時代から、現代の素粒子論に至るまで、人類は、すべての物質の基本は大きさを持たない「点」のような粒子であると考えてきました。

ただ、現代ではそれが超紐理論として展開していますけれど、、、

何れにしても、

「点とは部分を持たないものである」 のだそうです。

現代の数学の基準では、(これは厳密な定義とは言いがたいようなのですが)重要なのは、ユークリッドが幾何学を構築するうえで、まず「点」を定義しなければいけないと考えたことだったようです。

「部分を持たない」のですから、点には長さも幅もありません。

つまりそれは、

「ここ」そして「今」そんなイメージをも内包する、、、そんな感じでしょうか。

ギュギュッと詰まっているところ、過去も未来も、、、すべてのモノがそこに凝縮しているというのです。(これは物理や数学で「i」で示される「虚数」、つまり、現実の向こう側にある世界を示すのだそうです)

でそこにはすべてがあると言うのです。

『有無』は、そのような「ここ」(という空間)になりたいという思いで名付けられたアトリエ兼ショップです。

Scye「サイ」は

『Scye(サイ)』は、「福を呼ぶ文字処」のアクティビティ「空間」です。

下の文字をご覧ください。

これは現在の漢字で書くと「口」の文字です。

「サイ」の音を持つ文字を篆書体という書体で表しています。

「福を呼ぶ文字処Scye(サイ)」に使われているこの文字の意味ですが、今わたし達が知っているこの「口」の字体とは異なります。

これは「いのりを入れる器」を表しています。

こちらについての詳細は、「漢字の起源」そもそも・・・をご覧ください。

書のお稽古場でもある Scye  =月に1度から始める健康法=

 

『Scye』の基本的な制作活動の場所である空間であると同時に、

ここは、

『いろは・ひふみ合氣書法会お稽古場』としてご利用いただけます。(書法会については上記HPにてご確認ください)

 

『いろは・ひふみ合氣書法会』は、すでに今日まで42年ほどの活動実績があります。

また、この書についても各界の著名人から高い評価を得ているものであることもお伝えしておきたいところです。

この書法は、「いろは歌」や「ひふみ祝詞」を言霊として捉え、それを声に出しながら筆で書く方法です。

何より、これは月に1度から始める健康法でもあります。

詳しくはこちらから

そしてまた、古民家&オールドキャビンというふたつの空間

このふたつの空間は、

在来工法で建てられた琉球古民家リノベしたキャビンのアトリエ兼ショップです。

70年もの間、様々な願いを持ちながら慎ましやかに暮らしてきた人びとを優しく包み、見守ってきた赤瓦ヤーの母屋、

 

 

 

そして、

リノベで蘇ったかつて賑わいを見せていたというおばぁのキャビン。

 

その意味でこの建物たちは、一人ひとりの人生を包み込んできた大切な「器」であると言えるでしょう

・・・とすれば

ここを訪れる一人ひとりの(生きるという)「いのり」を大切に受け入れる「器」となること

それがこの空間が果たす本来の役目ではないか・・・

そして、

ここがそんな役目を果たすことができれば・・・

そのような願いから、Scye「サイ」と名乗らせていただくことにしたのでした。

伝統的な琉球古民家の母屋とキャビンというこれらの二つの空間が、

皆さまをゆるりとお迎えいたします。

*******************

リノベで蘇ったオールドキャビンと奥に見えるのは赤瓦の母屋