名前とは?(古今東西)

「プタハの結び目」というのをご存知ですか?

プタハ神像

プタハ神とは、古代エジプトの建築神のことです。ここでいう建築神とは宇宙の創造神のことを指しています。

では、エジプト神話で宇宙はどのように形作られてきたと言っているのでしょう。

それによると、「最初にトートによる音声があったからだ」といいます。 

その「時の神トート」の音声を、物体である宇宙に結び付けたのがプタハ神であったとされていますから、

その意味で言えば、宇宙は声から始まったということになるのかもしれません。

 

このプタハ神が作っているのが「結び目」だとされていますので、それはまさに、プタハ神が建築の神と言われている所以です。

ところでこの「結び目」のことなのですが、

「プタハの結び目」

左の図像を見てください。

これは「プタハの結び目」と言われています。

ギリシャ文字の「Ω(オメガ)」のルーツとされており、想像の完成を意味するものです。

これは古代エジプトの古代エジプト人たちが、この結び目における二重性をこの世とあの世の架橋と考え、ここにできる結び目自体を神の世と人の世とを一つにする力の備わる場所と考えていました。

「結び目」自体はまた、人間の個体性と深い関わり合いを持っていて、事実、古代エジプトのヒエログリフでは、紐の結び目は人の名前を表したそうです。

結び目 in Japan

さてそれでは、国内のことに話を転じましょう。

公開されて1カ月強で興行収入130億円を超え異例の大ヒット作品となった、新海誠監督の『君の名は。』の中でも「組紐」というカタチでこの「結び目」が登場してきます。

 

あの映画の中に登場する一葉婆さんがその由来を話しているのですが、そのシーンでこの「組紐」が重要な役割を果たしていました。

 

 

物語の中で一葉婆は言います。

一葉婆さんは「組紐」で語る・・・

『氏神様のことを産霊(ムスビ)」と呼び、人をつなげることも、

糸をつなげることも、

時間が流れることもすべてムスビで神の力であり、

組紐も神の業であり時間の流れそのものを表している』と。

ところで、「ムスビ」という言葉は漢字では「産霊(ムスビ)」と書きます。

日本最古の歴史書「古事記」の中に最初に登場する造化三神は、

天之御中主神、(アメノミナカヌシ高皇産霊尊、神皇産霊尊タカミムスビノカミ カミムスビノカミとされ、

最初に登場する天之御中主神は独り神と言われており、他の二神は「産霊ムスビ」で二柱の神が双対(セット)となっています。

神話学的には「ムスビ」には宇宙を創造するという意味があるそうで、

民俗学者の折口信夫もその著書で産霊(ムスビ)とは、霊魂を結合させること』とも述べています。

古神道風に言えば、本霊(モトミタマ)と分霊(ワケミタマ)の重なり合いの場といえますし、

異端のエジプト学者シュヴァレ・ド・ルービッチの言葉を借りるならば、

『人間の身体は、「神の神殿」である』ということにもなりそうです。