宮古島のこと・この琉球古民家のこと

古くからの文化が息づく宮古島

沖縄の離島であるここ宮古島は、他の地域とは異なった様々な文化が、まだまだ豊かに息づいている場所です。

今となっては、珍しい「赤瓦」屋根の家はほとんど市内では見られなくなりました。(その意味で、Scyeの家は街中に残る奇跡とも言えます)

また、他の地方と同じように日々の暮らしは近代化されてきていますが、昔の暮らしを彷彿とさる貴重な風景や文化は、かろうじて残されています

特に昔から語り継がれ、そして今でも営まれてきている地域の行事は、先祖への想いに支えられて(もちろん地域の人々の助けも借りながら)女性たちの頑張りで継承されてきています

島立の神「コイツヌ、コイタマ」のご夫婦神をお祀りしている「漲水御嶽」
漲水御嶽うたきの由来については、以下をご参考にどうぞ・・・
https://miyakojimabunkazai.jp/bunkazaiinfo738/
築65年の奇跡!

こちらの空間には、ハーブティーなどをご用意してお待ちしています。

宮古島の月桃茶モリンガなどハーブティーも無料でご自由にお楽しみください!

それらは、「カフツ」(自宅の庭)に自生しているものから手作りしたもので、もちろん、無農薬で有機肥料ですよ〜!

そんな島の中にある「福を呼ぶ文字処Scye」は、

宮古島の中でもすっかり珍しくなった、伝統的な在来工法による赤ガーラ(赤瓦)の琉球古民家です。

 

 

ところで、建物は女性名詞で喩えられます。

 

「翁と媼」

その意味でこの家は、

いわば・・

「ご長寿おばぁ」(媼・おうな)とでもいえるでしょう

 

 

女性と家

関西地方では、古くは女性のことを「家刀自」と言っていたそうで、沖縄でも奥様のことは「トゥジ」と言っていますから、同じ意味と思われます。

そのことから、家と女性の結びつきは男性とは比較にならないほど強かったのではないか?という説もあります。

『古代から中世に至るまで、日本の結婚が招婿婚であったことからか、女性が家を離れなかったのは、どうやら呪術的に家を離れられなかったのではないか』(参考:吉野裕子「増補・日本古代呪術」)という研究もあるように、

家自体が古くは「呪物」として考えられていたような事も伺えるのも面白いですね

「男は外、女は家」という、一見前近代的に見えることも、実は、それなりに意味が込められていたのかもしれません(今となっては、こんなこと言ってたら時代遅れと言われそうですが・・・汗)

貴重なこの「琉球古民家」の空間で、普段の暮らしからちょっとだけ離れて、ゆるりとお過ごしください

建物を取り囲むようにして植えられている大きなフクギ(福木)は、

常に青々として豊かな樹冠を保っていますし、

何より台風の風と雨からこの家を守ってくれています

科学が発達していなかった古き時代にあっても、

生きるという上での知恵を働かせていた証しと言えます

宮古島の市街地に奇跡的に残されてるこの琉球古民家は、島の人々にとっての「原風景」のようなもののようで、

「まるでオバーヤー(おばあちゃんの家)に来たみたいだ」とよく言われます

離島には珍しい欄間も・・・
床柱は、磨き込まれたイヌマキ、龍に所以のあるアイテムも!

沖縄自体が龍体に例えられているように、
宮古島も龍の島でもあります。







[contact-form-7 404 "Not Found"]